上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
*購入まで

 結婚して、テントやタープ、ツーバナーなどを買い揃え、夫婦でデイキャンプなどをしていたが、子どもが出来て、キャンプ場などでゆったり出来るよう、トラベル・トレーラーを買おうか、どうしようかと思い悩んでいた。

 当時、大阪のアウトドアフェアにも行き、見積もりを取り、買う寸前までいったが、当時は自宅に駐車スペースがなく、庭を潰してはどうかとの提案に対し、同居している両親からも反対され、先延ばしとなり、なかなか実現にはほど遠い夢となっていた。

 しかし、ガレージハウスに薪ストーブを導入したことから、薪を運搬するためのトラックとしてニッサン・フロンティアの2005年モデルを探すうちに、山梨県の「MYSミスティック」というトラキャンを主に扱う自動車屋さんの佐藤社長とメールのやりとりをするようになった。

 話をする内に、トレーラーでは駐車スペースや税金などの維持費など課題は多かったが、トラキャンであれば維持費もあまりかからず、子どもたちと自由に旅行が出来るのでは、という思いが強くなっていった。

 そんなときに、名古屋でのアウトドアフェスティバルに出展するが、一度実物を見に来ては、とのお誘いがあり、家族みんなでフェスに参加し、実際にお会いし、トラキャンというものを見て、触って、いろいろと話を伺った。

camper-mystic01

 話を聞く内に、今は円安が進み、アメリカでの新車の価格がどんどん高くなっていること(あれよあれよという間に、1月で日本円にして10数万円ほど価格が上がっていった。)。希望する色ではないが、現在、2005年モデルの新車と旧型の2004年モデルの中古のフロンティアが店にあること。近々、ゼニススペシャルというキャンパーシェル(トラキャン)の中古の出物が出ること。などを聞き、ババーっと物欲の嵐が吹き荒れてしまった。

camper-mystic02


 妻はというと、トラキャンを見て、寝てみたりして、拒否反応全開と思いきや、意外や意外、「結構広くて気軽に旅行が出来るかも」、と予想外の好反応!
 この機を逃がすまいと、話をどんどん進めた結果、2004年モデルのフロンティアと旧型のゼニス・スペシャルを購入することができた。

camper-zenith01


 
*装備(旧型ゼニス・スペシャル)

camper-zenith02

camper-zenith03

camper-zenith04


 サイドオーニング・FFヒーター・シャワールーム・3WAY冷蔵庫(60L)・キッチン(2バーナー1シンク)・ファンタスティックファン・電動ジャッキ・ウィンドエアコン(前オーナーが取付)・発電機収納庫(前オーナーが整備)・スライドステップ(前オーナーが取付)など。



*インプレッション


・あってよかった装備
 簡易トイレ…女性陣は重宝している。
 冷蔵庫…クーラーボックスが要らないので、省スペースになる。
 ガスコンロ…朝食に、鍋焼きうどんがおすすめ。
 ファンタスティックファン…換気が出来る。
 折りたたみステップ…子供が小さいので、脚立では心配。
 電動ジャッキ…これが故障したときは、降ろすのに、いつもの5倍くらい時間がかかった。
 エアコン…前オーナーが設置したもの。夏、電源が確保できるところでは、やはりありがたい。


・少し困ったところ
 キャンパーがないと、旅行に行っていることが近所の人にすぐ判る。
 ガソリンをよく喰う。
 フロンティアが中型車であることから、普通車に比べ、高速道路代が2割ほど高くつく。(休日千円ではない。)


・トラブル
 コーキングを何度かやり直しているが、雨漏りがするようになった。
 P泊地の道の駅駐車場で、ずぼらをして、ジャッキの後ろ足を少し上げただけでバックをして、右の1本を縁石に当てて曲げてしまった。曲がりが結構ひどく、足が元に上がらなくなったが、その場に転がっていた石で曲がりを直し、何とか引っ込めることが出来、家に帰れた。

camper-zenith06



・気に入っているところ
 宿の心配もなく、思い立ったときに家族で旅行に行ける。
 夜間の高速道路での渋滞の時、サービスエリアで仮眠がとれ、時間調節が出来る。 
 お互いが協力しないと、スムーズな行動が出来ないことから、家族全員の絆が深まった。(親だけが思っているかも。)










スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク

 
カーキャリア INA450カヤックアタッチメントⅡ[カーメイト]


 フロンティアには、純正のキャリアが付いており、これまではDIYで、ウレタンをカットし、ベルクロテープでバーに巻き付け、カヤックを水平に置いてタイダウンしていたのだが、あまり強く締めすぎると、カヤックのボトムがへこんでしまっていた(何時間か経つと復元はするものの)。

carrier-001


 このようなことが常態化すると、ついには復元しなくなるかもと思い、市販のカーキャリーを買うことにした。


 THULEのカヤックアタッチメント873・874などがメジャーだと思うが、これは水平に積載するタイプなので2艇しか積めない。

thule01


 将来的に3艇積むことを考え、カーメイトINA450カヤックアタッチメントⅡを買うことにし、ここ(業販ネット)で買った。

carrier-01
<設置完了。しかし!3艇は積めないことが判明・・・>

carrier-02


 純正のキャリアは、通常のベースキャリアとは幅も広く厚みもあるため、ホームセンターでステンレスのロングボルトを買ってきて対応した。(メーカーオプションで買うと倍くらいするので。)

carrier-04


 取り付け位置を決めるのに少し時間がかかったくらいで、ほとんど問題なく取付が完了した。

carrier-03


 これで、ボトムの変形の心配は、ほぼ解消された。


テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。