上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ファミリー・スキー at 志賀高原 [2010/12/23(thu)~26(sun)]

 昨シーズンから子供たち(長男と次男)がスキーにはまり、秋くらいから「スキーに連れて行け」とうるさく、同じ行くのであれば、オレが一番気に入っていたスキー場である志賀高原に行くことにし、10月下旬にホテルの予約を試みた。

 冬場のスケジュールを考えると、12月24日から26日がよさそうなので、インターネットで気になっていたホテルの空室状況を確認したら、2泊連泊できるホテルがなかなかなかった。しかし、何とかうまい具合に一乃瀬の「志賀一井ホテル」の予約が取れた。

 子供たちは、昨シーズンはレンタルの板で済ましていたが、今シーズンは何回も行くだろうということで、奮発して(クリスマスプレゼントとして)、モリスポでロシニョールとブリザードの板とロシのブーツ(長男は年代物の妻のコフラックのブーツを使用)を買った。(結構な出費である。)

 また、出発前には、この前自作したチューンナップ台でスキー板のビべリングやワクシングをした。

 しかし!12月22日の時点で、雪がない!HPを見ても「一部滑走可」…。
 このままでは、せっかく買ったニュースキー板が傷だらけ!それも滑れたらまだ良しとすべきであるが、もし滑れなかったら、子供たちは大ショック!となってしまう。
 
 何とか降ってくれ!と願っていたら、天気予報を見ると23日の夜から雪のマークが!(ホッ…。)

 雪を期待して、キャンパーの準備をし、23日の夜の9時30分に出発。
 名神高速道路から中央道、長野道へ進み、途中PAで1時間ほど仮眠をし、信州中野ICで降りて、志賀高原へ。

 スキー場へ近づくにつれ、ついに雪が降ってきた。志賀高原に入ると雪道で、除雪車まで出動している。
 4時30分にホテルに着いたので、玄関が開く6時30分まで再び仮眠。

ski-shigakogen101224-01
=結構すごい雪。ツララも長い。=

第1日目
 やっとホテルがオープンしたが、アーリーチェックインは無理だったので、大広間に荷物を置いて、さっそくスキーへ!
 でも妻と長女はソリ(スノーレーサー)で。

ski-shigakogen101224-06
=あまりに寒く、その後、ソリを2回滑っただけでホテルに直行=


 子供たちには、シーズン初めでもあるし、1日目はスキースクールに入れた。

 集合時間まで30分ほどあったので、子供たちは「1本滑ってくる!」と言ってリフト乗り場に行ってしまった。
 しかし!集合時間になっても戻ってこない!心配してゲレンデを注視して待っていると、トランシーバーから、「一番上まで行ってしもた。怖くて降りられへん!」と長男の声。
 「つべこべ言わんと、早よ降りて来い!教室始まってまうがな!」と言うと、「頑張る…。」との答え。

 イントラの先生には、「まだ下りてこないので先に始めてください。」と伝えると、「ゲレンデ中盤でやっているので連れてきてください。」とのこと。

 とりあえずリフトに乗ってゲレンデを見下ろしていたら、やっと兄弟で下りて来るのが見えた。リフトの上から大声で呼ぶと、気づいて、同じリフトに乗ってきて、やっと集合できた。

ski-shigakogen101224-02
=遅れてスミマセン…。=

ski-shigakogen101224-04
=すごい吹雪で、樹氷が出来てる=


 オレは、子供たちを見届け、一乃瀬、ダイヤモンド、寺小屋、高天原、タンネの森と滑って、スクールの午前の部の終わりを待って、妻たちと待ち合わせをしていたタンネの森の「チウーホテル」で昼食を摂った。

ski-shigakogen101224-05
=親子丼とソースかつ丼=


午後も子供たちはスクール、オレはフリースキー、妻たちはホテルで読書(絵本)、とそれぞれ過ごし、夕方、やっとチェックイン。
 お風呂に入って、今晩の夕食はしゃぶしゃぶと生ビール。

ski-shigakogen-101224-03
=量は十分すぎるくらい。でも、肉はちょっと安い肉=

 この日は、昨晩の疲れと滑りの疲れもあって、速攻でまさにバタンキュー。(古ーっ)



第2日目
 今日も吹雪。

 今日は、当初の予定どおり、子供たちは半日のスキースクール。妻たちはホテルで絵本を読んだり絵を描いたり。
 
 オレはと言えば、昨日まではフリースキーのつもりだったが、同じくらいのレベルの人がスクールに入って習っているのを見て、初めてのカービングスキーだし、久しぶりにスクールに入ることにした。
 スキーを始めたころは、毎年、志賀高原でスクールに入っていた。最初の頃はボーゲンのクラスだったが、5年目くらいには、そこそこ滑れるようになった。(当時は、年間14日ぐらい滑走。)
 昨日初めてカービングスキーで滑ってみたが、そんなに違和感は感じなかったが、カービングテクニックというものがどういうものかを知りたかったこともあり、初心に戻ってスクールに入ろうと思ったのである。

 スクールでは、試走後、一応一番うまいクラスに分けられ、谷足切り換えのカービングターンを習った。
 カービングスキーは角付けで曲がるものだということが最初はよく理解できず、意識的な上下動で曲がっていたが、だんだんそれなりのターンになってきた。(たぶんお世辞だと思うが、イントラの先生からは、「上下動を直せばOKですよ」と言われた。)
 半日習ってみて、これまで習っていたテクニックは古くなったんだなぁと感じた。今回は、最初から半日だけと思ってスクールに入ったが、やっぱり1日にしておけば良かったと、少し後悔。

 スクール終了後、昨日と同じチウーホテルに家族が集合し、昼ご飯。

ski-shigakoge101225-02
=ビーフシチューやチーズケーキ、コーヒーゼリーもおいしかった=

 午後からは、男はフリースキー、女はチウーホテルの薪ストーブがあるロビーでおしゃべりという具合。
 吹雪はなかなか収まらなかったけれど、子供たちのスキーの楽しさはますます高まり、リフトの営業終了時間まで目いっぱい滑ってから、ホテルに戻り、お風呂に入って、今晩の夕食、海鮮鍋を堪能して、「人志松本のすべらない話」を観てから就寝。

ski-shigakogen101225-01
=今回も食べきれない量。昨日のしゃぶしゃぶよりは良い。=


第3日目
 朝起きて外を見ると、青空!

 こんな絶好のコンディションを逃すまい!と、あわててチェックアウトを済まし、男はゲレンデへ!(女はホテルのロビーで暇つぶし。ゴメンね。)

ski-shigakogen101226-02
=ダイヤモンドから焼額山へ [第2ゴンドラから]=

ski-shigakogen101226-03
=やっぱり志賀高原はいいよなぁ=

ski-shigakogen101225-02
=ニッコリの二人=

 最初は調子よく滑っていたが、途中の移動でスケーティングをしなければならないところがあり、スケーティングがもう一つ得意でない次男がちょっと涙目になったこともあり、プリンスホテル東館で昼ご飯を食べ、何とかまた一乃瀬に戻り、タンネの森で午後2時30分まで滑り、終了。

ski-shigakogen101226-05
=長男の滑り。あんまし進歩していないような気がするのは気のせいか…。=

ski-shigakogen101226-04
=すぐに涙ぐむけど、確実に上達した次男。=

 また、みんなで志賀高原に来れるといいなぁ~…。





 

 

 
スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

 
<製作状況> 2010/12/11(sat)

pipe-garage101211-01

pipe-garge101211-02

pipe-garage101211-03

 ガレージ部分は、大体これでできたかなってところ。
 もう少し、補強をしてもよいか。

 残るは、薪棚の部分。

 寒さもだんだん厳しくなってきて、作業もつらくなってきた。
 屋根を貼れるのも春になってからかなぁ。




テーマ : ガレージ・ライフ - ジャンル : 車・バイク

 
<製作状況> 2010/12/5(sun)

pipe-garage101205-01

pipe-garage101205-02

 土日はいろいろと忙しい。
 何とか2時間30分くらいの時間が取れたので、後ろ側の屋根の部分を仮で組んだ。



テーマ : ガレージ・ライフ - ジャンル : 車・バイク

 
改造スキー・チューンナップ台

 スキーは、就職してから始め、結婚するまでは、多いときは年間20日ぐらい滑走し、カナダのウィスラー・ブラッコムに行くほど滑っていた。
 その時も、自作チューンナップ台でビベリングやワクシングをしていたが、当時はノーマルスキーだったため、板の固定はバイスで挟むことが出来、何の問題もなかったが、カービングスキーを昨シーズン終了間際に買ったが、幅が広いスキー板はこれまでのバイスでは挟めないことから、チューンナップ台を作成した。

ski-tuneup01


 一番のポイントは、板を固定するために、バイスで板を挟むのではなく、粘着シートを貼った小板をバイスで固定し、スキーブレーキをゴム紐付きフックで止めることで板全体を固定する方法で作った。
 また、小物を置けるようミニテーブルとして、ベニヤ板をベンチドッグで固定した。

ski-tuneup02

ski-tuneup03


 更に、作業中も板が傾かず、ぐらつかないよう、折りたためるもう一本の脚を追加した。これには、鬼目ナットを埋め込み、スパイクピンを付け、ぐらつきの微調整ができるようにした。

 材料:ワークベンチ 1台(2,000円くらい。以前使っていたもの)
    ベンチドッグ 2個(1個500円くらい。木工用に買っておいたもの)
    木片 2個(木材の切れ端をT字型にネジ止めした)
    ゴムシート 7cm角2枚(ゴムシートの切れ端から)
    耐震粘着シート 2枚(2枚で105円)
    ゴム紐付きフック 2本(1本200円くらい。キャンプ用に使っているもの)
    ホビーバイス 2台(1個2,500円くらい。以前使っていたもの)
    2×4材 2400mm(500円くらい。買い置きのもの)
    蝶番 1個(ベビーフェンス部品の再利用)
    チェーン 20cm(ベビーフェンス部品の再利用)
    ベニヤ板 10cm角くらいと大きめの四角い板(ベニヤ板の切れ端から)
    鬼目ナット 1個(1個100円くらい。買い置きのもの)
    スパイクピン(ネジ付き) 1個(何かの箱に付いていたものの再利用)
  *ほとんどが再利用か買い置きのもので、今回新たに買ったのは、耐震粘着シート 105円だけ。

 作業をしてみると、ぐらつきもなく、また、子供用の板でも、バイスの取り付け位置を変更するだけで対応できる。

ski-tuneup04





テーマ : ハンドメイド - ジャンル : 趣味・実用

 
*出動日記 2010/03/19[fri]~03/22[mon]

1日目

*トラブルその1

 朝から冷蔵庫を冷やすために外部電源のコンセントを繋ぎ、また、より早く冷やすためにバッテリーもONにしたところ、すごくよく冷えていたが、冷蔵庫のドアのパッキンの戻りが悪く、ドア下部に隙間が!
 これ以上冷やしても仕方がないので、今回の出動に際しては冷蔵庫は使用せず、クーラーボックスで対応することにした。

 早速、フロンティアの荷台にキャンパーを積載しようと、電動ジャッキをリモコンで上げだしたら、冷蔵庫を冷やすのに電気を食ってしまっていて、バッテリーが上がってしまった!
 外部電源のコンセントは繋いであるが、なかなか充電が出来ないため、板ラチェットで手動でジャッキを上げていった。普段なら、リモコン操作で15分もあれば積載完了するところが、どうにかこうにか1時間30分くらい掛かって積載できた。


*トラブルその2

 子供たちの学校・幼稚園からの帰宅を待って出発。しかし、高速道路で事故が発生し、一部区間が通行止め!仕方なく、抜け道や国道1号を走りながら、予定より1時間遅れで目的の神戸三田プレミアムアウトレットへ到着した。
 実際は、その隣のイオンモールに駐車し、イオンモールのレストランで夕食を食べ、アウトレットのビームスでコートやネクタイ、妻のストールなどを購入。なかなかいいものを安く買えたと自己満足。


第1泊目

 アウトレットを後にし、今夜の宿泊先である「北神戸ぽかぽか温泉」へ。
 きれいな温泉で、電気風呂でピリピリしたり、錆色の露天風呂など、きれいな施設で気持ちがよかった。事前に電話で、駐車場でP泊出来ることは確認してあったので、広い駐車場の端っこの方でキャンパーを留めて就寝。

pokapoka-no-yu01


2日目

 朝食は、我が家の定番の鍋焼きうどん。これは、冬場は手軽で体も温まるので、おすすめ。

nabeyaki-udon01


 目的の「姫路セントラルパーク」には、10時半くらいに着いた。まずは遊園地に行ったが、3連休でメチャ込みかと思ったら、ほとんどの乗り物が待ち時間0分。娘は、メリーゴーラウンドを3回連続で乗ったりしていた。

himeji-cp01


 男の子供たちは、ジェットコースター。足が宙ぶらりんになるインバーテッドコースター「ディアブロ」などは、4人だけで乗ったりしていた。こんだけ客が少ないと潰れないか心配してしまうくらい。妻は、ディアブロに一人で乗って、頭がガクンガクンなり、首が痛いと言っていた。

himeji-cp05


 さすがに昼過ぎになると少しお客さんも増えてきた。逆にほとんどの乗り物に子供たちも乗ってしまったので、今度はサファリパークへ。

himeji-cp02
= キャンパーに乗ったまま見られる =

 動物たちは、お昼寝タイムのようだったが、割と近くで見られて、子供たちより、大人の方が喜んでいる。
 続いてウォーキングサファリ。ワラビーのお腹の袋の中から、赤ちゃんの足が飛び出ていて、ちょっとグロな感じ。

mimeji-cp04


 子どもたちもそこそこ満足したようなので、今夜のP泊地の「道の駅あいおい白龍城」へ。


第2泊目

 狭い駐車場のため、止める場所に苦労する。

aioi-01
= 奥の中国の建物のようなのが道の駅あいおい白龍城 =

 何と偶然にも!ミスティックのキャンパーを積載したトライトンがあるではないか!しかも、滋賀ナンバー!
 ときどき、ミスティックの画像掲示板で、行ってきました報告をされている方である。
 寝る前にお出会いし、少しお話をしたが、忙しく出動がなかなか出来ないが、今回は、間際に休みが取れて、今日は姫路城に行かれ、明日は姫路セントラルパークへ行かれるとのこと。(我が家とは逆の行程。)
 姫路城は、8時から開城されるが、大変な混雑で早く行った方がよいとの貴重な情報をいただいた。

aioi-02
= なんという偶然!! =

 道の駅で中華料理の夕食。そこそこおいしい。
 また、道の駅で入浴の後、近くのマックスバリューでビールなどを買い込み、妻と乾杯。就寝。



3日目

 早朝から子どもたちをたたき起こし、とりあえず姫路城へ向かう。隣のキャンパーさんにもあいさつできず、少し心残り。<(_ _)>

 それほど渋滞もなく、8時30分ぐらいに姫路城周辺の駐車場へ到着した。しかし!急いで来たつもりだったが、既に満車の表示!空きを待つ車の列も10台どころではなかった。そこで妻が持ち前の切羽詰ったときの行動力を発揮し、駐車場の係の人と交渉したところ、バスの駐車場なら、1日2千円だけど、空いてるよ、そこへ止めたら、とのこと。待っている駐車場は高さ制限もあるみたいだし、速攻でそちらへ入れた。

 姫路城に着いてみると、既に入城を待つ人が200mくらいか。驚きながらも、最後尾へ並ぶ。20分くらい待って、ようやく城内へ。

himejijo-01
= すごい人、人、人 =

 何とか天守閣に上り、西門も見て、11時過ぎに門の外へ出たら、これまたビックリ!入場を待つ人が外の道路まで続いている!12時頃に来たら、姫路城に入城することなく、帰っていただろう。改めて、昨日のキャンパーさんの情報に感謝!(このような交流ができるのも、キャンパーという珍しいものを持つもの同士の連帯感みたいなものなのかなぁ。)

mimejijo-02
= 現在は、工事用の足場と幕で天守閣も見られない =

 後から分かったのだが、姫路城は、もうすぐ改修工事が始まり、5年間はその姿を見る頃ができなくなるので、あんなにも観光客が押し寄せていたみたい。



第3泊目

 その次は、神戸の元町に行くべく、今夜のP泊地へ向かった。
 「HATなぎさの湯」という、日帰り温泉施設で、温泉利用者なら、24時間の駐車料金が無料になるという太っ腹ないいところ。海沿いのポジションに駐車し、近くの病院で客待ちしているタクシーに乗り、南京町へ。

 当初、ポートライナーに乗ることも考えたが、駅まで行くことや料金を考えると、少し贅沢だが、タクシーに乗ったが、これは正解。10分ほどで、南京町の真ん前まで連れてきてもらった。

nankinmachi-03
= やたら風が強かった =

 とりあえず街を散策し、豚の角煮を挟んだ肉まんみたいな蒸しパンをみんなでほお張る。獅子舞もやっていた。

nankinmachi-02

本日のホントの目的、「コム シノワ」というパン屋さんへ妻は行き、オレは石井スポーツへスキー板(こないだ行ったスキーの後、板を仕舞おうと思ったら、マーカーのビンディングが割れていた!10年以上経ったので、寿命か。)を買いに二手に分かれる。

comme chinois-01

comme chinois-02


 2人とも思うものが買え、また南京町に戻り、中華料理を食べて(事前に調査もせず、飛び込みで入った店で、あまり高い料理も頼まなかったので、そんなに感激はなし。)、タクシーでP白地へ戻った。

nankinmachi-01


 きれいな風呂に入って、キャンパーで就寝。

hat-nagisanoyu-01


4日目

 日の出前にひとり起きて、写真撮影。

nagisanoyu-02
= 向こう側は神戸港 =

 駐車場は、施設が営業を始める10時までに出ないと料金がかかってしまうので、9時には出発し、近くのフォルクスで朝食。

 今日は、ポートアイランドのIKEAを中心に買い物と観光。

ikea-01


 IKEAがオープンする前に着いてしまったが、駐車場は高さ制限があるので、警備員の人に聞いてここへ止めておけという場所へ。もっと他に場所がないのかいなと思うようなところだが、いいというんだからここで。(あとから帰るときには、もう一台キャンパーが止まっていたが、こんな背の高い車はここへはそんなに来ないのだろうか。)

ikea-02
= 駐車場の入口手前に止める =

 オープンまで時間があるので、近くの神戸市立青少年科学館へ行く。ここはプラネタリウムがあるので、ちょっと期待。

kobe-kagakukan-01


 施設見学を30分ほどしたら、IKEAがオープンしたので、またとって返す。

 混むといやなので、とりあえずフードコートへ。いってみると、既に人がいっぱい。子どもたちも好きなものを頼み、満足そう。

 お腹が一杯になったところで、買い物へ。あまりこれといったものは買わず。

 また、先の科学館へとって返し、プラネタリウム鑑賞。お客は、内の家族以外はもう一家族だけという貸し切り状態。少し内容は子ども向けだったので、大人はもうひとつって感じか。

kobe-kagakukan-02
= これは、電磁石の実験装置 =


 夕方には帰宅。

 しかし、明日は仕事なので、キャンパーを降ろす必要がある。
 結局、電動ジャッキの故障を直すのには時間がかかることが分かり、それから1時間以上かかって、板ラチェットレンチでカチャカチャとキャンパーを上げて降ろして作業完了。疲れた~。

 後日、ホームセンターで部品を買い、線をつなぎ直して、無事修理完了。 

 



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。