上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
薪割りグッズあれこれ

斧(アックス)、楔

 家には、日本式の斧が2本あったが、いずれも軽く、あまり気持ちよく割れなかったので、西洋式の薪割り斧を探して、中央部が盛り上がり、よく割れそうなフルタフォッシュHultafors(スウェーデン製) の薪割り斧(Sledge axe)80cm、2.5kgと、併せて、先がねじれてよく割れそうな薪割り楔(フルタフォッシュ製)も購入した。

stovemakiwarigoods02

stovemakiwarigoods03


 斧は少し重いが、30cmくらいのコナラなら、5、6回も打ち付ければきれいに割れる。しかし、手元が狂えば、柄への衝撃がすごく、少し柄も削れてしまったので、今後の予防のため、太い針金をグルグル巻いた。

stovemakiwarigoods12

stovemakiwarigoods09

 楔も1本より2本の追っかけ楔のほうがよく割れるらしいので、ホームセンターでよくある黄色のプラスチックの楔を1本購入した。やはり、プラより鉄の楔の方が、よくくい込み、よく割れる。


チェンソー (06/06/10購入)

 近所の機械器具屋さんで、恒例の販売会があったので、早速チェンソーを買いに行った。ハスクバーナは高かったので、コマツゼノアなども気にはなったが、鮮やかなオレンジのボディに引き寄せられ、エルゴスタートで、クイックテンショナーでチェーンの調整がしやすい、オイルと替え刃も付けるなどのセールストークで、スチールのMS210Cという35.2ccで35cmバーのチェンソーを格安で購入した。
 初心者のオレには非常に使いやすいものであったが、今となっては、もう少し重いチェンソーの方が、本体の重さを利用し、逆に楽に切れるかなぁと思っている。
 このチェンソーは扱いが非常に楽なのであるが、欠点としては、オイルを入れすぎるとツールフリーキャップがうまく閉まらないことが多く、よくオイルをこぼすことと、キャップの軸が少し細いからか、きつく閉めようとして軸を折ってしまうことである。

stovemakiwarigoods01


ヤスリ

 チェンソーの切れは、刃の研ぎ具合にかかっている。ヤスリは、スチールのシャープニングキットとオレゴンの目立てヤスリ(これは最初だけで、最近は使っていない。)を使っている。
 少し切りくずが細かくなってきたと思ったら、すぐさま刃を研ぐのが薪切りのコツであろうか。

stovemakiwarigoods07


玉切り馬

 2~3mの木を玉切りするのに、馬があると楽である。そのため、昔、親父が作った馬を思い出し、少し改良してあり合わせの木で玉切り馬を作った。しかし、その作りもコーススレッドだけで接合し作った馬であったため、長年の雨風で5年くらいで壊れてしまった。
 毎夏、恒例の、安土建築工房親子工作教室に今年も参加したので、オレだけ自主メニューで玉切り馬を作らせてもらった。ホゾも切ったので、少しは持つのではないかと思っている。(少しデカいか?!)

stovemakiwarigoods13
端材で作っているため、真ん中の木の長さが足らなかったので、継ぎ足している。

制震グローブ

 あまり長時間チェンソーを使っていることによる肉体的傷害、特に腕や手への影響が心配だったので、河の制震グローブを購入したものの、体力的に長時間は切らないので、少し高い買い物になった。

stovemakiwarigoods04


チャップス

 チェンソーを使い出した頃は、どんな怪我をするかも分からないと思い、特に脚の怪我防止のため、チャップスを購入した。冬場はよかったが、春先になると、非常に蒸れて暑かったので、次第に着けなくなっている。でも、やっぱりした方がいい・・・。

stovemakiwarigoods10
STIHLのチェンソーを使っているのに、なぜかキャップは KOMATSUゼノア・・・。(チェンソーを買ったときのおまけでした。)

ガソリン安全携帯タンク 10L

 混合油を作るのに、ガソリンを保管しておかなければならない。また、時々、山で薪狩りをするときには、作業量によっては現場での混合油づくりも必要になってくることから、携行タンクを購入した。
 セルフのガソリンスタンドでは、店員さんを探して、給油してもらわなくてはならない。
 混合ボトルへの給油は、20数年前に、車のガソリン切れの対策として買ったポンプを活用し、ホースの長さを調節(カット)して使用している。

stovemakiwarigoods05


オイル混合ボトル

 1:50の混合油を作るのに、5Lのプラスチックボトルを買ったが、5Lも一遍にガソリンを使うほど切ることはないため、使いやすい2Lのボトルを買った。(それでも、実際2Lも作ることはない。)

stovemakiwarigoods06
スポンサーサイト

テーマ : 薪ストーブ - ジャンル : 趣味・実用

 

<< 伐採 | Home | カヤック改造 >>

コメント

おいしそうな薪ですネ(笑)

そうですね、どちらの薪ストーブ愛用者の方も薪の確保に頭を痛めておられるようですね。
私も一応事前に2、3の薪コネクションを考えていますが、何せ薪ストーブ自体がまだ手に入ってないので・・・。
私も早く薪ストーブの写真をブログにアップしたいです。

Re: タイトルなし

 薪が燃やせるようになるには、最低1年、出来れば2年は乾燥させた方が、暖かさが違うし、燃やしたときに、煤が少なくていいですよ。

 私の紹介で薪ストーブを導入した仲間には、実際に導入するまでに、最低1年分の薪は確保しておかないと、自転車操業になるぞ、と言っていました。

 薪は、集めすぎるということはないです。仲間に分けてあげることも出来ます。しかし、ないと話になりません。薪ストーブに興味を持ったときから、薪を集めかけて、丁度なくらいです。ガンバって下さい!

 

また来ました。

グッドアドバイス有難うございました
少しですが薪を手に入れました
恥ずかしながらマイブログにアップしてみました
ほんとに持つべきものは仲間ですね

Re-まだまだこれからですよ~

コメント有難うございました
地松はだめですか・・・
近所の五右衛門ぶろの家に寄付しましょう
ストーブや煙突を痛めてはなんでもない事ですから。

道具にもこだわられてますネ、自分はトラックから始まって
仕事の道具の流用がほとんどです、まあ買わなくて済みますけど
子供はもう1人小2の息子(写真の娘の兄)が居るんですが遊ぶのが忙しくって気が向かないと手伝わないですね。

また教えを請いに来ます。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。