上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ツーバーナー (デュアルフューエル パワーハウス ツーバーナー モデル414-750 エレクトロニックイグニッション:コールマン )[アルペン栗東店で購入]


 仲間と琵琶湖などでバーベキューなどをしたとき、カセットコンロでは風ですぐ火が消えてしまい、なかなか焼けなかったことから、キャンプで重要なのは、風に強いコンロだと思った。

 風に強いコンロと言えば、ガスではなくガソリンを使ったコンロ。となると、超定番のコールマンのツーバーナーである。

 ホームセンターやスポーツ店、アウトドアショップ(釣り道具屋)を回り、アルペン栗東店で、アルペンだけが扱っていた、圧電点火装置付きのタイプがとても安かったので、購入した。

two-baraner


 このタイプは、赤いつまみを回すと、バチン、バチンと大きな音がして、火花が飛んでガソリンに点火する仕様で、ライターがなくても点火できるものである。
 調子がよいときはすぐ火が点くが、どうしようもないときは、少しいらつく。(それならとっとっととライターで火を点ければいいと思われるかもしれないが、その装置があるから買ったのだから、意地でもバチン、バチンいわしながら点けている。)

 さすがに結構強い風でも火は消えることはなく、これを選んで正解だと思っている。
 料理をしていると、具材や油が下に落ちるので、汚れ防止のためにアルミホイルを中に敷いている。

two-baraner02
=コンボクッカーとトースター=

 ガスで一発着火よりも、儀式としてのポンピングや炎の音などで、キャンプしているなぁと感じさせてくれるグッズである。

スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

 

<< ものづくり DIY作品 | Home | カヤック雑記帳 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。