上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「ストーブ用足付き鉄板」 [08/06/29] 

 溶接初体験の作品。

teppan01
=一応の完成・・・=

 溶接機を買ったはいいが、なかなか使う機会がなかったが、薪ストーブ料理の幅を広げるため、炉内で焼き鳥が出来ないかと作ってみた。

 材料は、いずれも廃品を利用し、古い鋳物の板に切った鉄筋を溶接しただけである。

teppan02
=SUZUKIDの家庭用溶接機 IMAX80(アイマックス80)やヘルメット型の遮光溶接面 EYE BORG DXなど=

teppan03
=薪ストーブの炉内にジャストフィット!=

 使ってみると、焼き鳥もうまく焼けた。
 しかし、鋳物と鉄の溶接のせいか、もしくは、溶接の技術がまだまだなのか、土間にぶつけてしまったら、2本の足が折れてしまった。また直そう・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう - ジャンル : 趣味・実用

 

<< ダッチオーブン料理2 | Home | ダッチオーブン料理 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。