上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
キャンパーDIY

「ソーラーパネル設置」(06/07/09~06/07/16)


 キャンパーライフで重要なのは、料理することと、寝ることである。

 料理のためのコンロはプロパンガスであり、冬の夜、寝る前の暖房もプロパンガスであるが、暖房のヒーターの点火は電気のスパークである。

 一度、スキー場でヒーターをかけて寝ていたら、間違って冷蔵庫の駆動をバッテリーでしてしまっていて、あっという間にバッテリーがあがってしまい、ガスはあるのにヒーターが点かず、朝まで寒い思いをしたことがあった。

 バッテリーの充電はとても重要である。バッテリーを常時、満充電しておくため、設置した。

 キャンパーは青空駐車なため、ソーラーパネルの設置を検討していて、パネルと計器をネット(コスガ機工 ウッドペッカー事業部)で購入。

camper-solar01


 ルーフバーへの取付方法をいろいろ検討していたら、ホームセンターでアルミの角パイプを発見し、指定の長さでカットしてもらい、それにステンレスU字フックとボルトナットで取付。

camper-solar03


 電線のCV線は、ホームセンターでは手に入らず、近所の電気設備屋さんに缶ビール6本で分けてもらった。感謝。


 まず、アルミパイプにソーラーパネル取付用の穴を開け、パネルを取付。
 電線を接続し、キャンパーのルーフラックのいちに合わせ、U字フック用の穴を開け、ボルトナットで設置。

 あとは電線をキャンパーの中へ入れる穴を開け、シリコンコーキングをして電線を通し、計器に接続し、バッテリーとつなぎ、完了。無事、緑のLEDが点灯し、バッテリーチェッカーも充電中を知らせる針の状態に。

camper-solar02
=取付の際は、段ボールによりソーラー部を保護=

camper-solar04


 一番苦労したのが、結果的には、CV線をどこで買えばよいのかだったかもしれない。取付は、素人でも十分対応できる。(電気ドリルは必要だが。)




 
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

 

<< カヤック・サポートギア | Home | カヤック日和 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。