上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
琵琶湖・南船路(BSCウォータースポーツセンター) [2010/06/19(sat)]


 職場の厚生事業で、カヤック教室があったので、長男と二人で申し込んだ。

 二人乗りカヤックの企画ではあったが、あらかじめ、事務局にはシングルのマイ・カヤックで参加することについて了承を得ていたので、前日、車にカヤックを積もうとしたら、長男が、「二人艇に乗りたい。同じお金を払うなら自分のカヤックでは損だ!」と駄々をこね、仕方なくマイ・カヤックでの参加はあきらめた。

 夜の雨が長引かないか心配していたが、当日は梅雨時の曇り空ではあったが、何とか保ちそうな様子。

 会場は、大津市南船路のBSCウォータースポーツセンター。ここは、オレが28歳のとき、初めてカヤックを体験した施設で、3年間で5回ほどカヤック教室を受講していた。結果的には、その時はカヤックをあきらめたのであるが、思い出深い施設である。

bsc01
=BSCウォータースポーツセンター HPから拝借しました=

 受付を済ませたところで、担当のチーフインストラクターの山本さんから、「うちの能登が今日はお会いしたかったのですが、別の講習でお会いできません。よろしくと言っておりました。」と声をかけていただいた。
 能登さんという方は、現在、BSCのスクールマネージャーで、なんと、10数年前にカヤック教室を受講していたときのインストラクターの方。参加者名簿を見て、オレの名前を憶えておられて、わざわざ伝言までいただいた。大変懐かしく、またありがたいことである。

bsc-mis.yamamono
=チーフインストラクターの山本さん=

 各所属から親子や夫婦、40数名が参加。
 ほとんどがカヤックは初めての方らしく、マイPFD、マイ・パドルのオレたち親子はちょっと浮いてる感じ。

kayak100619-01

kayak100619-02


 準備体操などが終わり、さてカヤックにというところで、二人艇だけしかないと思っていたのが、希望する方はシングル艇に乗ってもよいとのこと!そのシングル艇は、レジャー用で船足も遅い舟であるから、オレは、長男をなじった。長男は、自分たちだけが目立ちたくないから、いやだったとのこと。子ども心は分からなくではないが・・・。

kayak100619-03

kayak100619-04

kayak100619-05
=かなりの曇り空。でも、なんとか雨は降らず。=

 カヤック教室は、参加者同士の交流もなく、インストラクターとのふれあいも少なく、あっさりしたものだった。カヤックが初めて、という親子にとってはこんなもんかな、というところか。2時間の教室が終わり、記念撮影をして終了。

kayak100619-10


 帰り際に、BSCからのお知らせのチラシを何枚かいただく。(後に、このチラシが大きな出来事に発展する。詳しくは後日・・・。)

 昼食は、国道161号沿いの関西初出店らしい、博多うどんの「小麦屋」で、「どんたくうどんセット」を食べる。もちもちしているのに柔らかい、初めての食感のうどん。おいしい!また、食べに来よう。

komugiya01

komugiya02




スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

 

<< カヤック・キャンプ | Home | キャンパー・ライフ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。