上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
パドル (ワーナー・アシーナ ナチュラルベントシャフト、カーボン 230cm)

パドリングジャケット (レベル6 チルコ)


 パドルは、カヤックとセットで購入したTNP・ライトアシンメトリックというパドルをそのまま1年使っていた。

padle05
=220cmで、重さは1165gもあった。=


 しかし、カヌーライフなどの雑誌を眺めていたり、ネットでいろいろな方のブログを見ていると、やっぱりもっと軽くていいパドルが欲しくなってきた。

 また、パドリングジャケットも、パタゴニアのスカノラックが欲しくて、いろいろ探していたが、廃盤商品なこともあり、値段も高く、他の商品も検討していた。

 そんなとき、兵庫県の尼崎のコストコに妻と二人でカングーで行く機会があり、ついでに、同じ尼崎のPSKアウトドアーズに寄ってみた。(路上駐車だったので、妻は車で待機。)

 店に入ると、狭いながらも気になる商品が多く陳列されており、秋田社長とスタッフのユキさんが話しかけてくれて、とりあえず、パドリングジャケットを買う気で、レベル6のチルコを試着した。
 結果、サイズはXSが少し小さいながらも、手の長さが合っていたので、買うことにした。

chilko


 パドルもいろいろと展示してあったが、お客さんの委託販売のパドルがあるがどうか、と出してこられたのが、ワーナー・アシーナだった。
 持ってみると、さすがカーボン、もの凄く軽い!これまでのパドルが鉄の棒かと思うほどである。しかもベントシャフト。

 新品だと7万円近くするらしいが、お客さんが3回だけしか使っていなくて、4万5千円とのこと。
 これを見るまでは、漫然と、買うならワーナーのカマノ、220cm。できればカーボン。とは思っていた。実物を見ると、少しパドルの面積が小さいし、長さも230cm・・・。でも軽い!状態もよい。何よりも安い!

 気付いたときには、値切っていた・・・。

 秋田社長がお客さんに電話をしてみるとのことで、聞いてもらったら、4万円でいいとのこと。

 悩みながらも、これも何かの縁か。と思い、即決していた。

 でも、初心者がこんな上等なパドルを使ってよいものだろうか・・・。

padle02

padle-02

padle01


 カングーのリアハッチを開け、パドルを放り込むと、妻は、少しあきれ顔・・・。

 後日、ワーナー・アシーナを使ってみた。初心者レベルでのインプレッション。

・とにかく軽い!(705g)軽いから疲れない。
・フォームコアブレードなので、抜けがよい。パドリングの最後にピッ!と水が切れる。
・カーボンなのでシブい。カッコイイ。
・ベントシャフトなので、あまり手首を返さなくてよく、疲れが少ない。
・長さもあまり違和感はない。(ローアングルで漕ぐので、むしろ長い方がよいか。)
・パドルの面積が小さい(48×15cm)ので、ここぞというときに気合いを入れて漕いでも、思ったほど艇のスピードが上がらない。(逆に、長時間漕いでも、体への負担が少ないか。)
・パドルのアングルが15度刻みで簡単に変更でき、自分にあった角度を探せる。しかも、ぐらつきがない。
・すぐに2分割にでき、運搬が楽。

 ダブルダッチのカイというパドルも気になるところではあるが、当分、このアシーナを使い込みたい。

padle06



スポンサーサイト

テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

 

<< カヤック日和 | Home | カヤック・キャンプ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。