上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コア アルミニウム・ブラウン(SUUNTO) [ネットショップ カウールで購入]


 パシャCが壊れ、しばらく携帯電話で時間を確認するという生活が続いていた。
 
 しかし、どうにも煩わしい場面(携帯がすぐに出せない、アウトドアで水がかかると困る、等)もあることから、カヤックでも使えるような、比較的安い時計をピンチヒッター的に使うのもアリだなと思い、情報を集めていた。

 カシオのプロトテックやタイメックスなんかもあるが、デザイン的にはやっぱりSUUNTO(スント)だな、というところに落ち着き、比較的落ち着いたデザインの「コア アルミニウム・ブラウン」を購入した。


suunto-core02


 購入に当たっては、パーフェクトによいと思ったわけではない。
 
 このコアの機能としては、時間はもちろんのこと、ストップウォッチ、高度計、気圧計、温度計、コンパス、防水3気圧、といった機能がある。
 特に、カヤックをするときには、防水機能(ダイビングをするわけではないので、性能はそこそこでもよいと思った。)や気圧計(天気の変化を知らせてくれる。)、コンパス(行くべき方角を教えてくれる。)などは重宝するだろう。

suunto-core02


 デザインとしては、アルミとブラウンの革のベルト、黒の文字盤と茶のデジタル文字がとてもオシャレな感じがして気に入った。しかし、気になったのはその大きさである。
 最近の腕時計は、どんどん大型化の傾向にあり、手首の細いオレ的にはちょっとどころか遙かにオーバーサイズになってしまう。全般的にSUUNTOは、本体径が大きい。これも50mmである。
 躊躇したのはその一点だったが、長男のベクター(昨年のサンタさんからのクリスマスプレゼント。)を借りて付けていて、慣れてしまったのか、自分的にもゴーサインを出していた。

 最後は、いくらで買えるか?!であるが、正規モノは定価は6万円(税込み)。
 いろいろとネットを調べると、ほとんどが10%OFFであったが、ここは、3割以上安かったので、即、ポチッとした。

 当然並行モノであるが、日本語の説明書のコピーも付いていたので困らないし、交換用の電池も3つ同封されていたので、いい買い物が出来た。

 注文した2日後に届き、着けてみると、その大きさも、確かに大きくビジネスユースの時計からすれば完全にオーバーサイズなのであるが、元々カジュアルな時計でもあり、慣れてしまったのかそれほど気にならない。

 スーツで着けてみても、アルミとブラウンの革ベルトが落ち着いており、カジュアルすぎるということはない。(でもカジュアルには違いない。)シャツの袖口からチラチラと見える分にはいいかな。


スポンサーサイト

テーマ : 腕時計 - ジャンル : ファッション・ブランド

 

<< ものづくり DIY作品 | Home | My Watch01 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。