上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「羅生門」 ★★★☆
 オレは、黒澤 明監督の作品は大好きで、この作品はテレビでも何度も見ている。光と影のコントラストが全体に躍動感を溢れさせ、ボレロのパクリと思わせる音楽が、その人その人の心理状況とよくマッチして、すばらしい。
 「人を信じる」ということは、自分自身にも問われていることだ。

rasyomon


「007 ロシアより愛を込めて」 ★★★☆
 007のジェームス・ボンドは、やはりショーン・コネリーだ。(吹き替えは、若山弦三で決まり。)
 ショーン・コネリー出演作の中でも、この作品が一番好きだ。
 スリルとサスペンス、少しHで、秘密兵器などのギミックも豊富。
 イギリス、トルコ、イタリア、寝台列車といったヨーロッパ圏の景色がきれいで、旅行に行きたくなる。
 ラストシーンのゴンドラを見ると、一度乗ってみたい!と思わせる。

russsia007

 
「007 ゴールド・フィンガー」 ★★☆
 ショーン・コネリーが乗るアストンマーチンがカッコイイ!昔観た「マッハ!GO GO GO」のマッハ号を思い出す。こんな車が欲しかった。
 007シリーズは、「ユア・アイズ・オンリー」(ロジャー・ムーア)では宇宙まで行ってしまうが、そうなると、もともと抱いていた秘密諜報部員のイメージから乖離してしまい、興ざめ感もあった。やっぱりショーン・コネリーまでが本来の007ではないかな。

goldfinger007


「雨に唄えば」 ★★★
 ジーン・ケリーをはじめ、出演者全てのダンスと歌がすばらしい。特に、ジーン・ケリーのダンスは、エネルギッシュ。観ている方が元気をもらう。
 スタジオに、あんなにすごいセットが作れるのは、映画界に活気があり、いい映画を作るために関係者全てが情熱を持って取り組んでいた時代だ、ということがよく分かる。

singin in the rain


「麻雀放浪記」 ★★★
 和田 誠監督の人柄で出来た映画かな。いい役者ばかり出ている。
 特に、ドサ建の鹿賀丈史と出目徳の高品 格がすばらしい。台詞やしぐさの間がいい。
 ママの加賀まり子もこの頃は40代だけど、きれいで、大人の女してる。

majan-hourouki


「レオン」 ★★★☆
 リュック・ベッソン監督の作品は、「グラン・ブルー」 ★★★★が初めてだったが、それ以来気になる監督である。
 これは、スリルとサスペンス、そして愛情という、三拍子そろった作品で、大画面で見たら、さぞかし感激するだろうなぁと思った。(29インチのブラウン管なので・・・。_| ̄|○)
 ナタリー・ポートマンが、買い物をしてきて、部屋で家族が殺されているのを見て、レオンの部屋の前でベルを押しながら、涙があふれてくるシーンが印象的。
 ジャン・レノは、存在感があるなぁ。
 あと、イタリアンレストランの大将(暗殺の仕事の元締め)のダニー・アイエロが、イタリア移民の悲哀をかもし出していていい。「月の輝く夜に」(★★★★★)でも、さえないマザコンの中年男を好演していた。その他にも、イタリアンレストランのウェイターも同じ役柄(「月の輝く夜に」のウェイター・ボボ)で出ている。

leon







スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

 

<< SKI 2010~2011 Season | Home | 電車で読書! >>

コメント

私も黒澤明監督の大ファンです。
この【羅生門】、ホントに素晴らしい映画ですよね。
モノクロ作品で色彩の制限の中、光と影だけでこの映像美!
京マチ子も素晴らしいですよね。 

【007】
ふふ、そうですね。
私もロジャー・ムーアと比べたら やっぱりショーン・コネリーでしょうか…
ダイヤモンド…、ゴールドフィンガー、ロシア…
このあたりの初期の作品は 何度観ても面白いですね。
毎回オープニングのタイトルバックも楽しみでしたっけ。^^
今劇場公開している【RED】、面白いですよ~
CIA、MI6、KGBを引退したじい様たちが、昨日の敵は今日の友…ということで
巨大な陰謀に立ち向かう…という ある意味ファンタジー(笑)ですが、楽しかったですよ~
怖がりの奥様も絶対に大丈夫!^^

【雨に唄えば】
を~、懐かしい~~
実はこの映画、私をミュージカルの楽しさに目覚めさせてくれた作品です。
この時代のミュージカルは秀逸なものが多いですね。
【略奪された7人の花嫁】なんかも楽しくて好きです。
良かったら観てね。

【レオン】
偶然にも 先週の金曜にDVDを観たばかりです!
というのもウチの旦那さんは この映画が大好きなんです。
観る終日前に この映画のスティングの曲が 頭の中をグルグルとヘビロテしたとかで、
観ないと収まらぬ…というので(笑)
ナタリー・ポートマンのデビュー作ですよね?
この作品もリュック・ベッソンでしたね、
私も【グラン・ブルー】の世界に魅了された一人です。
この映画の中で描かれたジャック・マイヨールに憧れ、
対面を果たした時は狂喜しましたが…実際のジャックは…(-_-;)
リュック・ベッソン・マジックにしてやられた私です。


お勧めリスト

お勧めの昔の映画…幾つか書きますね~
もう観られた作品のあると思います。

【ドライビング・ミス・デイジー】
【ホテル・スプレンティッド】
【オーシャン・オブイ・ファイヤー】
【ガタカ】
【スクール・オブ・ロック】
【ホリディ】
【パフューム】
【Vフォー・ヴェンテッダ】
【日の名残り】
【旅情】 
【バクダッド・カフェ】(是非捜して)(笑)

…と脈絡なく思いつくまま並べました。
まだまだあるけど…とりあえず。^^


Re: タイトルなし

 いつもコメントありがとうございます。


> 私も黒澤明監督の大ファンです。

 黒沢監督の特に若いころの作品はいいですよねぇ~!
 「椿三十郎」とか、「生きる」とか、モノクロの方が力強さを感じますよね。

 大御所と言われるようになってからの作品は、ちょっとピントがずれているような気がしてならないです…。
 「影武者」までかなぁ。「まぁだだよ」なんかは、ちょっと私には、その面白さがよくわかりませんでした。

 先日、半分だけですが、「ザッツ・エンタテーメント」というDVDを見ていたんですが、1940年代から60年代くらいまでのミュージカル映画というのは、とてつもなく贅沢な映画なんですね。ビックリしました。

> 私も【グラン・ブルー】の世界に魅了された一人です。

 リュック・ベッソンはいいですよね。当時、ガソリンのCMで、「レーサーヒャク~(100)!」というグラン・ブルーのパロディーCMが流行りましたね。
 フランス映画はいいですよね。
 「シェルブールの雨傘」なんか大好きです。


> この映画の中で描かれたジャック・マイヨールに憧れ、
> 対面を果たした時は狂喜しましたが…実際のジャックは…(-_-;)

 なんと!ジャック・マイヨールに会われたんですか!?
 そこそこおじいさんだったと思いますが、すごいですね。

 

Re: お勧めリスト

おすすめ作品の紹介、ありがとうございます。

どれも見たことのない作品なので、うれしいです。

私は、初めて会う人なんかに、おすすめの映画作品を聞くことが多いんですが、それで、知らない作品なんかを紹介してもらうと自分の趣味の作品の幅が広がるなぁとありがたく思っています。

今、好きな作品の一つになった「月の輝く夜に」も、ある人のおすすめの作品でした。

実は、つい最近、ブック・オフで「バグダッド・カフェ」を見つけました。
この冬は雪が多く、子供たちとスキーに行くことが多いのでなかなかDVDが見れませんが、また感想をあげたいと思います。

> 【ドライビング・ミス・デイジー】
> 【ホテル・スプレンティッド】
> 【オーシャン・オブイ・ファイヤー】
> 【ガタカ】
> 【スクール・オブ・ロック】
> 【ホリディ】
> 【パフューム】
> 【Vフォー・ヴェンテッダ】
> 【日の名残り】
> 【旅情】 
> 【バクダッド・カフェ】(是非捜して)(笑)
>
> …と脈絡なく思いつくまま並べました。
> まだまだあるけど…とりあえず。^^

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。