上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
DIY サーモインナー・フィッティング

 今シーズン、10数年ぶりでスキーに取り組んできているが、最近、ちょっとブーツがタイトになってきていたので、インナーを調整することにした。

 持っていたブーツは、15年ほど前に買ったライケルの「F-ONE」という熱成型できるサーモインナーのブーツなので、いろいろなHPを見ると自宅のオーブンでもできそうなので、トライした。

skiboots-01



 結果は、大失敗!!
 オーブンで調子よく焼いていたのに、もう少しで焼きあがるというときに急に来客があり、2、3分相手をしていたため、戻った時には、右側はなんとか。
 しかし、左側は焦げたというか溶けて、穴が開いた…。(/_;)(あまりに悲しくて、写真は撮れなかった…。)

diy-skiboots-01
=ロジェールのオーブンで、120℃で焼いていた…=


 悔やんでもしょうがないので、今シーズンはこれで行こうかと、一度滑りに行ったが、やはり左側のブーツの感覚がもう一つだった。
 いつシェルが割れてもおかしくないくらいだし、シーズンも始まったので、少し安くなればということで、新しいブーツを買うことにし、ライケルを引き継いでいるFULL TILTのファーストチェアをここで買った。

skiboots-02


 このブーツもサーモインナーなので、リベンジで再度DIYでフィティングにトライした。
 このサーモインナーは、オーブンに入れてはいけないタイプのようなので、このHPを参考にやってみた。

diy-thermoinner01


diy-thermoinner03

 結果は、まあまあ成功…。

 一応、フィッティングはできたのであるが、ドライヤーと違い、ヒートガンのパワーを侮っていた。
 あらかじめ棒温度計をインナーに突っ込んで温度を見ていたのであるが、パワーをちょっとハイにしたら、見る見るうちに120℃を超えてしまい、焦げる臭いがしたと思って紙筒を抜いてみてみると、案の定、踵のところがちょっと焦げてしまった。(/_;)
 まぁ、インソールのBalance +95を入れるので、実害はないとしておこう。

 気を取り直し、再度、温度を見ながら15分くらい温めて、足を入れ、バックルを軽く締め、15分くらい経てば完成。

 今週末は、ダイナランドに行って試し滑りだ。
 どうかうまくいってますように・・・。





 
スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

 

<< カヤック日和 | Home | SKI 2010~2011 Season >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。