上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 オレはよく値切る。だから「ネギリーマン」である。(アホまる出し!)
 電気屋、車屋はもちろんのこと、デパート、澁谷の服屋でも値切っていた。(デパートの服屋でも値切ったらサービスグッズをくれたことがあった。)
 関西人だから当たり前と思っていたが、そうでもないみたい。
 職場の人としゃべっていたら、値切れないという男の人もいた。
 
 そういえば、近くのケーズデンキで、○万円もする電化製品をそのままレジに持っていく人をたまに見かける。
 電気屋では、正札販売をしているわけではないのが当たり前だと思っているから、当然値切る。すると、店員も付いている札から当然のように10%引きやときによっては、こちらがビックリするような値段を示してくれることもある。値段的にはもうこれ以上無理、となったら、更に、付属品を無料もしくは割引価格で点けてもらうよう交渉、となる。

 といっても、相手も人であるから、気持ちよく値切りに応じてもらえるよう、明るく、軽く、また、自分の中で、「ここまで相手も来てくれたら間髪置かずOKする」という線は持って値切り交渉をしている。(そのためには、他店の価格調査などはあらかじめしておくが。)

 まぁ、電気屋での値切りは普通であるが、オレの場合は、インターネットでの買い物のときも値切る。しかも、それがまた、たいがい負けてもらえるのである。
 
 一般的に、商品を購入するときには、価格コムなどで最低価格のショップを見つけ、その商品の購入ボタンをポチッとして購入手続に入るのが普通である。

 しかしオレの場合は、商品の購入を10日ぐらい待てる場合は、ショップにその商品の問い合わせメールを送る。
 その内容は、「その商品がとても気に入っているが、うちの財務大臣(妻)が厳しいので、何とか値段を勉強していただけないものか」、というもの。
 すると、大抵が「こちらも大変厳しいが、送料をサービスする」とか、「消費税分を安くする」とか書いて送ってきてくれる。
 ときには、このメールの返信で直に申し込んでもらえると、○%割り引くというのもある。これは、モールへのマージン分くらいは負けますよ、というもの。

 この前などは、ネットで見比べた最低価格が7万4千円くらいの商品を、取扱いしていそうなショップへメールで問い合わせたら、在庫もあり、その価格より1万円くらい安い価格を提示してくれて、「勉強してメール」を送ったら、更に5千円も負けてくれた。
 何もせずにネットで調べたショップの商品をポチッとしていたら、1万5千円も損してたところだった。(というか、それだけ遣り取りしたからこそ、1万5千円得したということ。)

 ネットといえども、やはり人と人とのコミュニケーションで成り立っている世界であることを実感する。



 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

 

<< SKI 2010~2011 Season | Home | SKI 2010~2011 Season >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。